« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月16日 (日)

レジンとペーパークラフト比較

ペーパークラフトは現在
0215 20140210
「パトレイバー」からグリフォンをモデリング中。
キャラホビ用です。実写化があるので旬かな~と思いまして。
イングラムは、けいけいさんがモデリング中です。

その他に
Photo 01arrow
「ジョジョ」から「矢」を2種。こちらはジョジョonlyイベントとコミケ用。
今まで紙で組み立てて量産してたんですが、正直なトコ量産に手間がかかるので忙しいと無理です。
3Dプリントしてレジンで複製となります。

レジン複製は、やり始めると面白いです。
今時は材料も情報も簡単に手に入ります。3Dプリントも前に調べたとおりDMMならそれほど高くないです。

トータルで考えると
■レジン
イベントで一定数売れるのが見込めればこちら。造形技術が足りなくても3Dでほぼ足りてしまう。
材料費が高く、量産に少し手間がかかる。
3Dプリントも量産も大きさに制限がある。(コスト的にも物理的にも)
細かく複雑な物向き。

■ペーパークラフト
あまり売れそうにないネタ的な物はこちら。
「ちゃんと組める」ように作るのはある程度の技術が必要。
材料費が安く、量産も印刷するだけで早くて手間があまり無い。
大きさに制限が無い。(拡大縮小が比較的簡単)
細かく複雑な物は無理。

・・・と、使い分けが出来るのでは。
例えば
・石仮面は、あんなでかいものはレジンじゃ無理。
あんなでかい型は普通の方法じゃ作れない。値段も高くなる。

・赤石は紙じゃ無理w

・矢は紙で作ると細かい部分の再現が無理な上、完成品販売(組み立てに技術が必要)をしようとすると手間がかかる。

レジンとペーパークラフトを同列で比較する人は滅多にいませんが、自分にとってはそれぞれメリット・デメリットがあるのです。

| | コメント (3)

2014年2月 2日 (日)

0202
ビッグサイトで開催のGolden Blood12 と言うジョジョonlyに参加してきました。
男がいないw

持って行ったペンダント・赤石は完売。赤石はB級品もきれいになくなりました。
透明樹脂キレイですもんね。

ただ、メインであるべきペパクラのほうがさっぱり売れないと言う、なんとも微妙な展開に。

このままでは「ペパクラサークル」ではなく「ガレキサークル」に・・・

まー要望があったのでペンダントと赤石を再販します。
次のGoldenblood13参加予定。それとコミケ。

ともあれ、スペースに来てくださった方々、ありがとうございます。
リツイートしてくれた方々、感謝です。
今後ともよろしく~

2/3写真追加

01_2 02 03

赤石に関してはtwitterばかりで公開してました。

台座は時間の関係で3Dプリントほぼそのまま(それだけ精度が高いという事でもある)。サフ500吹いてから複製。普通のウレタンレジン。

ネオジウム磁石は型に接着しておいてレジンを流し込むと言う作業(改良の余地あり)

塗装は「めっき塗装」にトップコート。

市販デコパーツと自作デコパーツ接着・金具(つきさし・バチカン・リング・ボールチェーン)つけて、封筒に入れて頒布。リサリサマークはハンコが欲しかったんだけど、お手軽に封筒に赤で印刷。

評判はけっこう良かったです。ディスプレイをもうちょっと凝った物にするべきだった・・・。次はメッキ塗料も試したいです。

| | コメント (2)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »